トイレの水が流れる幸せ

洗濯機のある天井から嫌な雨漏りが続き、それを直すべくJIJIの格闘は2週間続いた。
部品を取り寄せ、ホームセンターに足を運び朝から晩までコツコツと。
結局は工務店のおじさんがちょちょっと直してくれた。
男って自分の力で解決したい性分を持ってるから下手に口出しできないので我慢していた。
「プロに頼んだら?」と言えずに・・・ね。

そしたら、その直後に再びトラブル発生。
「次から次だな~」と弱音を吐きつつ頑張るJIJI。
場所は同じボイラー室の「蛇口栓」らしい・・・トイレとか洗濯機への排水らしい(よくわかんない)
とにかくトイレの水が流れなくなった。
またもや必死に修理に明け暮れること2日間。
たまたまやってきたKENに「昔、水回りの仕事してたでしょ?見てやってよ」と頼む。
そしたら丸一日かけて直してくれた。
「なおったぞ!」と嬉しそうなJIJIの笑顔。
普通にトイレの水が流れる快適感。ありがたや~デス。

普通がなんて快適なことなのでしょうと改めて思い知った今日この頃。そして「経験」はいつか役に立つを実感。
ヤスオさんも普通の健康を取り戻すことができたらどんなにか素晴らしいことでしょう・・・ね。

スポンサーサイト

もうダメかと・・・パソ。

昨日の朝、いつものように「ブログまわり」。
「坂上忍のワンコたち」をニヤニヤしながら見入ってた瞬間、PC画面が真っ黒になった!!!???
・・・そう言えば、数日前から「セキュリテイ警告」が登場してたなぁ~と不安になってヤスオさんに言うと「ウィルスだべ」と一言。
俺だってよくある。・・・ってどういうこと?

そんなんで、一日中「もう、PCの入れ替え時かぁ~」と落ち込んでいた。
ないと不便だし。ソーイングでは型紙・布地購入に不可欠な道具になっている。

夕方、再度ヤスオさんに「PC,どうしようかな?」と持ち掛ける。
「電源切れじゃないのか?」と言う。
エ~ッ!
案の定、足元のプラグが抜けているのが判明。
差し込むと充電され復活しまシタ(゚△゚;ノ)ノヤレヤレ

修理代といったらなんなんだけど、1000円払ったら喜んでおりました。
っていうか、それ、早く言ってよ!と思いました。。。

これで気が収まれば

CIMG2925.jpg

朝、pcに向かってると、「まだか?」ちょっとイラついた声で言われる。
「“発送しました”メールはきてるけど・・・そのうち来ると思うよ」

待ってるんかい!
やっぱり、タバコが恋しくなるんだね。中毒だから抜けきれない。
もう半世紀近く吸ってる訳だから、寿命が短くなると知ったところでやめられない。怖いです。

噂をすれば必ずやって来る!!の通り、お昼に配達された「タバコもどき」。
最初の一服まで時間が掛かったけど、ぷかぷかとタバコの匂いをまき散らしながら煙がでてきた。
「タバコの味はするの?」
「おぉ~」とにんまりした。嬉しそうな笑顔・・・って(><)

無害じゃないってことをきつく言い聞かせ、あとは本人の意識に任せることにした。
これ以上のことは出来ない。

まだ“娘”。

先週の金曜日。
網走へとキャンカーに乗ってる間に数回、診療所の看護師やら医師から電話が入る。
「ハツさんなんですが、不整脈が出てるので点滴をしてから帰すから迎えに来てほしい」と言う。
更に、「厚生病院にお手紙を書いたのでそれを持って休み明けの月曜日に診察を受けてください」と。
月1の定期健診。なぜか「お前に内緒でこそっと行った」らしい???

「旅行中で迎えに行けないけど、家はすぐ近くなので一人で帰してほしい」と言ってもそれは出来ないと繰り返す。
「・・・では、息子に行かせます」とKenに頼むことにした。
後で「ばぁちゃん、どう?」「元気だよ」・・・やっぱり。

昨日、「わたし、行きたくない。このままソファに寝たまま死ぬ」と言い張る元気なハツさんを連れてタクシーで病院に行く。
町から「高齢者ハイヤー利用助成券16000円分」を貰っていた。
期限が29年3月31日。エ~ッ!期限があったんだ!ってことで無理やりタクシーを使うことにした。

タクシーは直接ハツさんちに行って「知らない」と言われプチトラブルが生じていたようだ。
運転手が無線で「娘さんが来て解決しました」と応答してたからね。

往復、タクシーに乗車し、検査代など合わせると1万円かかり「丈夫な心臓ですよ。不整脈もないですし」と薬の処方もなく事なきを得た。
「いやぁ~、なかた先生は心配性ですからね。ま、専門じゃないから」と。数年前にも全く同じことがあったので笑い話になって終了。

ハツさんのお陰でこの歳になっても “娘さん”って呼ばれるんだから有難いことデス。
まだまだ “娘さん”でいられるためにも頑張りましょう♪


「・・・ですが。    」「が?・・・」

「血液検査は前回と変わりなくいいんですが・・・」と言って、「が・・・と言ってしまいましたが」とイヤな予感。

説明によると、放射線科医はまだ大丈夫と回答しているが、取り残した「リンパ節」のひとつが気になる。
これは、進行性のガンなので転移は想定できる。
今のところ、1mm程度でここに見える。モニターのCT画像で説明。
半年後の検査という見解であるけど、私としては3か月後に経過を診たいと思うがどうですか?

「タバコ、吸うのはダメですよね!」「ダメですよ」と言う。
「絶対ダメですよね?本人に強く言って下さい」と念を押すと「絶対ダメですから」と笑い顔でヤスオに言う。
ヤスオは照れ笑いしただけ・・・なんか、男同士で承諾し合ってるかのよう。本人の自覚しかないね・・・ってカンジ。

やっぱり10日目辺りでギブアップの「TS-1」の辛さを訴えて「そうですよね。風邪なんかで身体が怠いっていうものではなくて、なかなか他人には分かってもらえない部分ですよね」と同調してくれた。
こんな言葉が患者さんには有効なんだろうね。

さ、明日から2週間がんばりましょう!
プロフィール

rokio

Author:rokio

最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

まとめ